ルパン三世の顔は偽物だった/アニメ都市伝説

ルパン三世 都市伝説 偽物

ルパン三世の顔は偽物だった

 

時にだらしなく、時にカッコイイ姿で狙った獲物を逃がさないのがルパン三世である。

 

ルパン三世のアニメは大人気であり、今尚、いろんな作品が放送されている。

 

そんなルパン三世は謎めいたところも多い人物ではあるが、そういった部分とどこか憎めない部分を持ち合わせたキャラクターでもあるようだ。

 

アニメの人気もそういったところにあるようだが、そんなルパン三世にはある都市伝説がある。

 

その都市伝説は誰もルパン三世の素顔を見たことがないというものである。

 

続きます…

 

スポンサーリンク

 

アニメ都市伝説 → ムーミンは放射能で変異したミュータント

 

それではアニメで見せているルパン三世の顔はどういったものになるのか?

 

ルパン三世の顔というのは仮の顔だと都市伝説では言われている。

 

ルパン三世にはある盗みの教科書が存在している。

 

それはルパン一世の書いた書になるようだが、これにはあることが書いてあると都市伝説では言われている。

 

それは何物にも本当の顔をさらしてはいけないというものである。

 

ルパン三世はこの教えを忠実に守っているために、本当の顔は例え次元にも明かしていないということである。

 

アニメで見せるルパン三世の顔っていうのは、都市伝説によればまったくの偽物であるというのだ。

 

アニメの中でルパン三世が見せる変装の技術っていうのを考えれば、納得がいくのではないだろうか。

 

そんな誰も見たことがないルパン三世の素顔っていうのも気になってしまうものである。

 

しかし、それは恐らくこれから先もずっと明かされることはないものになるのではないだろうか。