ドラゴンボール「GT」の意味/アニメ都市伝説

ドラゴンボール 都市伝説 「GT」の意味

ドラゴンボール「GT」の意味

 

今や世界中で人気のアニメと言えば、ドラゴンボールではないだろうか。

 

ドラゴンボールからドラゴンボールZ、ドラゴンボールGTまでアニメとしていくつかの作品があるが、それぞれの名前には意味があると言われている。

 

その意味と言われるものが都市伝説のようだが、まずZっていうのは最後ということを意味してアルファベットのZをつけたのだと言われているようだ。

 

そのため作者の鳥山先生はこのドラゴンボールというアニメの最後をZに託したとも言われているようだが、そのあとに放送されたアニメがドラゴンボールGTである。

 

Zで終わるはずだったアニメがどうしてGTとして登場したのか?

 

続きます…

 

スポンサーリンク

 

アニメ都市伝説 → クレヨンしんちゃん悲しい物語

 

これこそが都市伝説と一番歌われている部分のようで、どうやらドラゴンボールGTというのは、鳥山先生には許可を取らずに勝手に制作されたものだったようだ。

 

そのため、GTというのは謝罪の意味が込められていると言われている。

 

その謝罪というのは、Gにはごめんなさい、そしてTには鳥山先生ということになるようだ。

 

ドラゴンボールのGTにそういった意味が隠されているとはほとんどの人が知らないのではないだろうか。

 

実際、このGTがホントに謝罪のことを意味しているのかっていうのは懐疑的な部分もあるようだ。

 

しかし、ドラゴンボールがアニメの制作側にしてみれば、非常に人気が高くドル箱であることは、当時、間違いではなかったであろう。

 

そういった中で何とか制作しようとした苦肉の策であったのであれば、それはそれで興味深い都市伝説である。