クレヨンしんちゃん悲しい物語/アニメ都市伝説

クレヨンしんちゃん 都市伝説 悲しい物語

クレヨンしんちゃん悲しい物語

 

クレヨンしんちゃんと言えば、多くの子供から人気のアニメである。

 

主人公のしんのすけの行動は時にPTAで問題に上げられるほどのものではあるが、だからこそこのアニメは人気なのかもしれない。

 

そんなクレヨンしんちゃんではあるが、実はある都市伝説が噂されている。

 

その都市伝説はクレヨンしんちゃんを根本から覆すものになっているようだが、かなり有名なものでもあるようだ。

 

それはこのアニメの主役であるしんのすけはすでにこの世にはいないというものである。

 

では、日常、描かれている様子っていうのは一体何なのか?

 

この都市伝説は少し時を遡る必要があるようだ。

 

しんのすけがかつて5歳だったころ、ひまわりがトラックにはねられそうになるのを助けて亡くなってしまうというところから都市伝説は始まるようだ。

 

続きます…

 

スポンサーリンク

 

アニメ都市伝説 → トムとジェリー悲しい最終回

 

しんのすけが命を落としてしまったことに酷く落ち込むみさえではあるが、そんなみさえはしんのすけの落書きノートを手に取る。

 

そして、クレヨンである物語を書き始めるのだ。

 

その物語というのが、しんのすけが生きていたらどうなっているかというもの。

 

つまり今のストーリーはすべてみさえの妄想とだと都市伝説では言われている。

 

アニメではしんのすけはずっと5歳のままである。

 

これに疑問を持つ人も多いようだが、ずっと5歳のままであるのは、みさえが事故が風化しないようにということで5歳のままのストーリーとしているようである。

 

お茶の間を明るくするアニメであるクレヨンしんちゃんではあるが、都市伝説として悲しい物語が存在している。